コーヒーの苦味とミルクのハーモニーがたまらないカフェオレとカフェラテ。どちらも人気のコーヒーメニューですが、違いについて考えたことはありますか。「何が違うの?」と聞かれたら困ってしまう人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、コーヒー好きでも意外と知らない“カフェオレ”と“カフェラテ”の違いと、それぞれの作り方を紹介します。

カフェオレとカフェラテの3つの違い

カフェラテ

よく混同されることの多いカフェオレとカフェラテですが、実際には明確な違いが存在します。ここではカフェオレとカフェラテの主な違いを3つ紹介します。

1.語源の違い

そもそもカフェオレとカフェラテは、どちらも日本語に訳すと“ミルク入りコーヒー”の意味です。これら2つは意味こそ同じですが、実は語源が異なります。カフェオレ(café au lait)はフランス語、カフェラテ(café latte)はイタリア語、そして“オレ”と“ラテ”は、どちらもミルクのことなんです。

2.コーヒーの抽出方法の違い

カフェオレとカフェラテの原料は同じですが、それぞれコーヒーの抽出方法が異なります。カフェオレはドリップコーヒーを使用する一方、カフェラテはエスプレッソを使います。

3.ミルクの違い

カフェオレとカフェラテはどちらもミルクが入ったコーヒーですが、実はミルクの形状が異なります。カフェオレでは、シンプルに温めたミルクを使います。一方のカフェラテは、“スチームドミルク”という蒸気で泡立てながら温めたミルクを使うのが特徴です。

カフェでカフェラテを注文した時に、ミルクがふわふわと泡立っているのはこのため。カフェオレは、逆に泡が立っておらず、コーヒー牛乳のような見た目をしています。

カフェオレとカフェラテの味わいは?

カフェオレとカフェラテは、コーヒーの抽出方法とミルクの違いからそれぞれ違った味わいが楽しめます。カフェオレはまろやかで優しい口当たりなのに対して、カフェラテはコーヒーの苦味とコクがより強く感じられます。

ちなみに、カフェラテの方がコーヒー特有の味わいが強く出ているのは、エスプレッソの抽出時にかかった“圧”により豆の成分がギュッと濃縮されているからです。

カプチーノとは何が違うの?

カプチーノ

ここまでで、カフェオレとカフェラテの違いを理解していただけたと思います。そこで次に、カフェラテによく似た「カプチーノ」とは何かを解説します。

カプチーノとカフェラテは、どちらもイタリア発祥のエスプレッソをベースとした飲み物です。ふわふわとした泡が立っていて、見た目からではほとんど見分けがつきませんが、実は“ミルク泡の量”が異なります。

蒸気で温めたミルクのうち、泡状になっているものを「フォームドミルク」、滑らかなものを「スチームドミルク」と言い、一般的に、カプチーノの方がフォームドミルク割合が多いとされています。ミルクの泡が多く、液体量が少ないカプチーノの方がカフェラテよりもさらにコーヒーの味わいが強く感じられます。

しかし、実はカフェラテとカプチーノの違いには明確な定義がないので、実際は店や国によってバラツキが大きいようです。

自宅で作ってみよう!カフェオレ編

カフェオレ

カフェオレとカフェラテの違いが理解できたところで、カフェオレの作り方を紹介します。カフェオレは“ドリップコーヒー”と“温めたミルク”さえあれば、自宅でとても簡単に作れます。

1.ドリップコーヒーを淹れる

まずはペーパードリップやコーヒープレスなど、好きな方法でドリップコーヒーを淹れましょう。手軽に楽しみたい時は、インスタントコーヒーで代用することも可能です。ただし、インスタントを使う場合は、いつもより少し濃いめに作るとよりおいしくいただけます。

2.ミルクを温める

次にミルクを温めます。鍋で火にかけるときは、ふつふつとしてきたタイミングで火を止めましょう。

電子レンジでも簡単にホットミルクが作れますよ。

3.ドリップコーヒーと温めたミルクを1:1の割合で合わせる

カフェオレは、ミルクとコーヒーを1:1で合わせるのが正式な作り方です。用意したコーヒーにミルクを注いで完成です。

自宅で作ってみよう!カフェラテ編

カフェラテ

続いて、カフェラテの作り方を紹介します。

1.マシンでエスプレッソを抽出

上でお伝えしたとおり、カフェラテには“エスプレッソ”を使います。エスプレッソマシンやマキネッタなどを使って、エスプレッソを抽出しましょう。

2.ミルクを泡立て、スチームドミルクを作る

次に、ミルクを泡立ててスチームドミルクを作ります。エスプレッソマシンがあれば手軽に作ることができます。マシンがない場合は市販の“ミルクフォーマー”を使いましょう。ミルクをコンロで温めた後、ミルクフォーマーを上下に動かせば、スチームドミルクが作れます。

3.エスプレッソに注ぎ入れる

ミルクが泡だったら、エスプレッソに注ぎ入れて完成です。エスプレッソの味が濃い分、ミルクをたっぷり注ぐとおいしくいただけます。

気分に合わせて飲み分けよう!

混同されることの多いカフェオレとカフェラテですが、違いを知ると味の違いがよく分かるようになります。まろやかで優しい飲み心地を楽しみたい時はカフェオレ、コーヒー成分をより強く味わいたい時はカフェラテ……と、ぜひ気分に合わせて飲み分けてみてくださいね。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です