ハンドドリップでコーヒーを淹れる際に必要になるコーヒーフィルター。どれも同じと思われがちですが、実はフィルターにはさまざまな種類があり、どの素材を選ぶかによってコーヒーの味わいが大きく変化します。そこで今回は、コーヒーフィルターの素材別の特徴と、おすすめ商品を6つ紹介します。

コーヒーフィルターは大きく分けて3種類

まず、コーヒーフィルターは、大きく分けて次の3種類に分類されます。

  • ペーパーフィルター
  • ネルフィルター
  • 金属フィルター

これらのフィルターはそれぞれ素材が違うため、下準備やお手入れの手軽さはもちろん、「味わい」や「コスパ」も大きく異なります。

種類手軽さコスパ
ペーパーフィルターすっきり
ネルフィルターまろやか
金属フィルター濃厚

次に、それぞれのフィルターについて、順番にくわしく紹介していきます。

1.定番のペーパーフィルター

ペーパーフィルターの一番の特徴は、なんといってもその手軽さにあります。使い捨てタイプなので、めんどうな下準備やお手入れが一切必要ありません。そのため、ドリップコーヒー初心者ならペーパーフィルターを選んでおけば間違いないでしょう。

また、ペーパーフィルターの細かい繊維がコーヒーの油分やえぐみの抽出を抑えてくれるので、スッキリとした味わいが楽しめるというのも特徴のひとつです。ただし、使い捨ての消耗品のため、長い目で見るとコスト負担がかかるデメリットも。

ペーパーフィルターには、台形型、円錐型、ウェーブ型などさまざまなタイプがありますが、基本的にはドリッパーにあわせて、純正のものを使用することをおすすめします。

白と茶色どちらを選ぶ?

同じサイズ・形のペーパーフィルターでも、漂白された白いフィルターと、漂白していない未晒しの茶色いフィルターの2種類売られていることがあります。価格は同じか微差であることがほとんどなので、どちらを選べば良いのか迷う方も多いでしょう。

白いフィルターは、漂白剤で洗浄しているため、紙の臭いがコーヒーに移らず、本来の味や香りが楽しめます。

対して茶色いフィルターは、化学薬品を使用していないため環境にも優しく、残留物質を心配する必要もありません。紙の臭いが気になる場合は、ドリップする前に湯通しをすると臭いが軽減されます。メーカーによっては、紙の臭いがほとんどしないものもありますよ。

どちらが良いかは考え方や好みによって分かれるので、メリット・デメリットを踏まえて選んでみてください。

2.まろやかに仕上がる!ネルフィルター

ネルとは「フランネル」、いわゆる布で作られたフィルターのこと。厚みのあるネルフィルターは、お湯とコーヒーが触れる時間が長いため、豆本来の酸味やコクを楽しむことができます。また、ネルが微粉をしっかりキャッチしてくれるので、粒子が細かくまろやかな舌触りに仕上がります。

ただし、ネルフィルターには、下準備とお手入れの手間がかかるというデメリットがあります。いろいろ試してきたけど「ドリップコーヒーにもっとこだわってみたい」という人は、ネルドリップにチャレンジするといいでしょう。

おすすめのネルフィルター

Maluta ネルドリップ102

ペーパーフィルターのような見た目が特徴のネルドリップ。下準備とお手入れを加えれば、いつもと同じ要領でコーヒーを淹れることができるので、「ネルドリップを使ってみたいけど、難しそう…」という人におすすめです。

HARIO ドリップポット・ウッドネック

こちらは、HARIOのネルフィルターとドリップポットが一体となった抽出器具です。ネルを定期的に取り替えてあげれば、いつまでも使い続けることができるのが嬉しいポイント。初めてネルドリップを淹れるという人におすすめのセットです。

3.地球にやさしい!金属フィルター

金属フィルターは、ペーパーやネルに比べ値段が高いものの、ほぼ半永久的に使えるため、長い目で見るとコスパがいいという特徴があります。ゴミも出ないので、環境に優しいのも嬉しいポイントですね。

金属フィルターは、他の2つのフィルターと比べて目が粗いため、少しザラザラとした舌触り(微粉感)が気になることがあります。ただその分、コーヒー成分や油分が抽出されやすく、濃厚な味わいに仕上がるので、コーヒーの味をダイレクトに楽しみたいという人におすすめです。

また、ネルフィルターほどではないものの、お手入れの手間がかかる点には注意が必要です。

おすすめの金属フィルター

KINTO ステンレスフィルター

洗って繰り返し使えるKINTOのステンレスフィルター。円錐形をしており、油分をしっかりと抽出できる設計になっているので、フレンチプレスに近い濃厚な味わいが楽しめます。サイズは、2人用と4人用から選ぶことができます。

Cores シングルカップゴールドフィルター

ゴージャスな見た目が特徴のこちらは、純金メッキを使ったゴールドフィルターです。純金のコーティングは見た目が美しいのはもちろん、味と香りに影響を与えにくいため、コーヒーのおいしさを存分に味わうことができます。

フィルターにこだわって、コーヒーをもっとおいしく!

ドリップコーヒーに欠かせない「コーヒーフィルター」は、素材の種類やブランドによってそれぞれ特徴が異なります。その日の気分や豆の特徴に合わせてフィルターを選べば、コーヒータイムがより充実すること間違いなし。この記事を参考に、お気に入りのコーヒーフィルターを見つけてみてください。

カテゴリー: 淹れる

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です