ホーチミンやハノイなどの大都市では、数歩歩けばカフェに当たると言われるほど、ベトナムは知る人ぞ知るカフェ大国です。しかし、ベトナム人がこよなく愛するコーヒーは、私たちが普段飲んでいるコーヒーとは少し違います。今回は、一度飲んだらクセになる「ベトナムコーヒー」を紹介します。

ベトナムコーヒーとは?どんな味?

ベトナムコーヒーとは、ベトナムで伝統的に飲まれている、独自の方式で淹れたコーヒーのことです。

深煎りのコーヒー豆を、専用のコーヒーフィルターを使って抽出します。抽出されたコーヒー液は非常に濃いため、コンデンスミルク(練乳)を加えて飲むのが一般的なスタイルです。

気になるコーヒーの味ですが、ひとことで言えば、「甘くて濃厚」な味わい。コンデンスミルクの強い甘みと、コーヒーの強い苦みが絶妙に混ざり合い、なぜかやみつきになるおいしさです。

そのままゴクゴクと飲む感じではないので、ビスケットやチョコレートなどのスイーツを片手に、ゆっくりコーヒータイムを楽しむのがベトナム流です。

ベトナムコーヒーの歴史

コーヒー生産量 世界2位

ベトナムのコーヒーの歴史が始まったのは、17世紀から18世紀にかけて。もともとはスペイン、フランスなどの宣教師が持ち込んだとされています。

フランスによる植民地支配が始まった19世紀半ば頃からは、大規模生産が始まり、今ではコーヒー輸出額がブラジルに次いで世界2位となる、コーヒー大国となりました。

フランス統治の影響 独自に進化したベトナムコーヒー

フランス統治の影響で、カフェ文化の広がりとともに、コーヒーは徐々にベトナム国内で飲まれるようになりました。それにともなって、コーヒーはベトナム独自の進化を遂げます。ベトナムで栽培されている代表的なコーヒー豆は、病害虫に強いロブスタ種という品種で、インスタントコーヒーなどにもよく使われています。味の特徴は、苦みや渋みが強く、ブラックでは飲みにくいと感じるほど。

コーヒーをまろやかにするアイテムとして、一般的には「ミルク」が使われますよね。しかし、冷蔵庫が普及していなかった当時、暑いベトナムではミルクは腐りやすく入手困難でした。代替品として使われたのが、コンデンスミルクです。安価で保存も可能なため、コーヒーに入れて飲むようになったのが、ベトナムコーヒーの始まりとされています。

ベトナムコーヒーの飲み方

ベトナムコーヒーは、よくかき混ぜよ

ベトナムコーヒーを注文すると、コンデンスミルクとコーヒーの2層状態で提供されることがほとんどです。コンデンスミルクは重く、底に溜まりがち。

ガラス製のコップで出てくると、コンデンスミルクの「白」とコーヒーの「黒」が2層にはっきりと分かれているのが確認できます。よくかき混ぜてから、飲むようにしましょう。

コーヒーフィルター付き伝統スタイルの場合

カフェによっては、ベトナムコーヒーを注文すると、金属製コーヒーフィルターを乗せたコーヒーカップと、お湯入りポットが出てくることも。この金属フィルターは、アルミまたはステンレスでできており、ベトナムコーヒーを淹れる際に欠かせないアイテムです。

ベトナムコーヒーは、この金属フィルターを使って、ハンドドリップで淹れるのが一般的です。金属フィルター内には、あらかじめコーヒー粉がセットされているので、フィルター内にお湯を注ぐだけでOK。このフィルターは穴が小さく、抽出スピードがゆっくりです。ベトナムコーヒーが濃くなるのは、フィルターの構造にも一因があるでしょう。コーヒー液がカップに落ちたら、よくかき混ぜて飲みます。

本国ベトナムでは、ヨーグルトコーヒー、エッグコーヒーも流行中

ベトナムコーヒーは、その濃さゆえ、アレンジコーヒーに適しています。本国ベトナムでは、ヨーグルトを入れて飲む「ヨーグルトコーヒー」や、溶いた卵黄を入れて飲む「エッグコーヒー」などもあります。どちらも意外な組み合わせで、最初は勇気がいりますが、飲んでみるとおいしいと好評のようです。

日本でベトナムコーヒーを楽しめるお店3つ

本場のベトナムまで行かなくても、日本国内にはベトナムコーヒーを飲めるお店がたくさんあります。その中でも人気の高いカフェ・レストランを3つ紹介します。

ヴェトナム・アリス(銀座)

銀座のマロニエゲート11Fにあるレストラン「ヴェトナム・アリス」。人気のベトナム料理店で、昼も夜も込み合っていること多いです。この人気レストランでも、もちろんベトナムコーヒーを飲めます。

とくにランチがおすすめ。ランチセットを注文すると、ベトナムコーヒーが無料で付いてきます。ランチの時間帯が、11時から17時と長く、コスパよし、味よしで、ベトナム初心者には特におすすめのレストランです。

Butterfly Ca Pheバタフライカフェ(代々木上原)

代々木上原駅から徒歩2分とアクセス抜群の「バタフライカフェ」。カウンター席があるので、女性おひとり様でも入りやすい雰囲気です。ベトナム料理のほかに、デザートも充実、ベトナムのスィーツとして名高いチェーが食べられます。ベトナムコーヒーと一緒に、チェーにも挑戦してみたいですね。

ヴォルール・ドゥ・フルール(原宿、下北沢)

原宿のラフォーレ裏にある喫茶店「ヴォルール・ドゥ・フルール」。コーヒーの種類が豊富で、お店独自のブレンドからベトナムコーヒーまで多彩なラインナップ。特にベトナムコーヒーは、器から豆までベトナム直輸入するこだわりよう。本格的なベトナムコーヒーを味わえると評判です。

1979年創業の歴史のあるカフェで、ファンも多く、下北沢でも2店舗営業しています。昔ながらのレトロな喫茶店で、ゆっくりコーヒーを楽しみたい人にはおすすめの喫茶店です。

コーヒーを通して外国に行った気分に

一度飲んだら忘れられないインパクトのあるベトナムコーヒー。コンデンスミルクの甘さと独特の苦みがくせになる人続出。いつもと違うコーヒーを飲んでみたい人や、外国気分を味わいたい人は、是非一度、ベトナムコーヒーにチャレンジしてくださいね。

カテゴリー: コーヒーを知る

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です